イベントスタッフのアルバイトってどんな事をするの?

イベントスタッフのアルバイトってどんな事をするの?

デモンストレーションやキャンペーンなどと言ったさまざまなイベントの場で活躍するイベントスタッフの仕事は、専門的な知識や経験を必要としないことから学生や若年層の人を中心に人気が高く日払いや短期、シフト制の求人の中から自分にふさわしい職種を選べる点に魅力を感じ取ることができます。

 

一口にイベントスタッフと言っても、その仕事内容は実にさまざまで、家電量販店の店頭における商品PRや催事場に設けられた特設ブース内での接客、キャンペーン会場での実演販売やイベント会場における司会などがありますが、これらの仕事内容を男女別で見た場合、男性では設営、女性では接客の仕事に人気が集中する傾向にあります。

 

設営とは、コンサートや展示会などの会場を仲間と一緒に作り上げる仕事を言い、機材の導入や設置を行なう仕込みと呼ばれる作業と、機材の撤去や搬出を行なうバラシと呼ばれる作業を主な業務請負としています。

 

設営は、イベントスタッフの中でも肉体労働を要する裏方の仕事となるため、重い機材の運搬や危険を伴う高所での設置作業も必要となるほか、夏場の屋外作業においては、厳しい暑さとの戦いが続くことから、体力に自信がある人や根気よくやり遂げる人には適した仕事と言えます。

 

また、就業時間においてはイベントの開催時間によって制限があるため、作業が早朝や深夜に及ぶことも少なくありませんが、コンサート会場の仕事を任された場合、有名アーティストや好きなアーティストに会えるメリットがあります。

 

一方、女性に人気となる接客の仕事内容は多岐に及んでおり、受付や会場の案内、劇場やホテルのクローク、迷子の預かりなどがありますが、これらの仕事は高いコミュニケーション能力と細やかな心配りが求められるため、積極性と明るい性格の人に適した仕事と言っても過言ではありません。

 

イベントスタッフの日給は職種によってその額に開きがあり、交通費込みで6,000円から12,000円が一般的な相場となりますが、イベントスタッフの求人募集を行なう会社の中には、がんばった分の報酬を日給に上乗せするところもあるのです。