バイトが続かない原因はなに?

バイトが続かない原因はなに?

バイトが続かない人の特徴

せっかくアルバイトが決まってもすぐに辞めてしまう人がいます。
次から次とバイト先を変えている人っていますよね。
そうした人は何が原因なのでしょう?
バイトが続かない人の特徴を探ってみましょう。

 

・不器用
何をするにも要領のいい人がいます。
その半面何をしても不器用な人がいます。
特に真面目に働いているのにバイトが続かない人に多いタイプです。
不器用な人に大切なのは素直さと焦らない気持です。
「一緒に入った人はもう一人立ちしているのに・・・」という焦る気持は、余計に仕事に集中できなくなります。
人は人、自分は自分のペースでできるようになれば良いのです。
また、不器用だけどプライドの高い人はやっかいです。
職場の人があれこれ教えてくれることを「注意された」と勘違いしてしまいます。
バイト先で人からものを教わるのは当たり前のことなのです。
してはいけないことを注意されるのもごくごく普通のことなのです。
少しばかりキツく言われたとしても、「仕事ができるようになるため」だと考えることです。

 

・バイト先に馴染めない
アルバイトであってもある程度の時間一緒に働く同僚です。
職場の雰囲気に馴染めないと、仕事するのも辛くなりますよね。
人付き合いの苦手な人はいるものです。
無理して馴染もうとすると逆効果になることも多々あります。
一番は自然体でいることです。
あなたが「何か喋らなきゃ、上手く答えなきゃ」と焦ってしまうと、そういう空気は敏感に伝わります。
仕事の場なのですから、楽しく会話できる必要はないと割りきってしまうのも良いでしょう。
仕事さえキチンとしていれば文句を言われる筋合いはありません。
開き直って「自分、人と話すのが苦手なんです」と言ってしまうのもいいでしょう。
それよりも仕事で迷惑をかけないように頑張る姿勢が大切なのです。

 

・基本が分かっていない
人の下で働くということは、自分一人で仕事をしている訳ではありません。
よくいわれることですが、職場では「報告」「連絡」「相談」が三大原則です。
チームで働いているのですから、自分の勝手な判断で動くことはタブーなのです。
これがなかなかできない人はバイトが長く続きません。
自分の会社ならば独断でガンガン進めるのもいいでしょうが、バイト先では違います。
常に皆で働く意識を持つようにしましょう。

 

しかし、人と働く、人の下で働くことが根本的に合っていない人もいます。
これは決して悪いことだけではなく、自分で起業する人などに多いタイプです。
しっかり勉強して自分で稼げばバイトなどしなくても良いのです。